モリンガ蒸し

モリンガとは?

一見、ごくごく普通の木。
でも、紀元前2500年ほど前から人々の食と健康を支えてきた大切な植物。
生命力はとても強く、1年で約3メートルも伸びます。
インドに古くから伝わる書物によるとその木は万能の植物と記されています。

モリンガの葉を摘み、食材として使う人々。
昔からこの木と生きてきた人々はモリンガをこう呼びます。
「奇跡の木」と。

 

モリンガの奇跡

その1

これからの世界を救う「奇跡の木」。
国際機関でも認められるモリンガの力。
国連食糧農業機関 (FAO) のレポートでも注目されています。

モリンガは栄養失調率の高い地域でもすくすくと育ち(年に約3メートル伸びる!) 、
その土地に暮らす多くの人たちを救う可能性を持つ、まさに「奇跡の木」。
栄養失調に悩まされる人々がモリンガを摂取することで、栄養状態の改善が期待されます。

 

その2

人の健康にいいだけでなく、地球の健康にもいい。
そのCO2吸収能力は日本杉の約50倍と言われています。

 

その3

世界中の健康と美容を支える。
世界各国で愛されているモリンガ。
その用途は今、多岐に渡っています。

1 アメリカ

スーパーフードとしてセレブの間で話題になったことがきっかけで普及。健康、美容目的で多くの方が飲用するようになってきています。

2 フィリピン

スープや炒め物として食され、ナショナルベジタブル (国の野菜) として認定されています。種からはオイルをとり、美容オイルとして使用されています。

3 インド

栄養価の高いお茶として人々に飲用されてきたモリンガ。現在、健康対策としても期待されています。

4 グアテマラ

古くから健康のため、葉を砕いてペースト状にしたものを体に塗るなどして、活用されてきました。

5 ギリシャ・エジプト

ローマ時代、ギリシャ・エジプトではモリンガの種からオイルをとり、香水をつくっていたと言われています。

 

その4

汚れた水をきれいにする力。
根・茎・葉・花・実。
すべてに利用価値があり、捨てるところがないと言われるモリンガ。
驚きの力は種にもあります。「奇跡の木」の種は汚れた水をきれいにする力を持ち、汚水を浄化するために開発途上国で使用されています。

 

 

近年、その奇跡の木「モリンガ」を使ったモリンガ蒸しがにわかに脚光を浴びています。

 

menu

韓国黄土座器 初回 3,000円 3,500円

タイハーブテント 初回4,000円 4,500円