温活について

温活とは、健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げる活動のことを言います。

 

現代人は、昔の人に比べると基礎体温が0.5℃~1.0℃ほど低いと言われています。

そしてその結果、現代病とも言える形で悩まされているのが冷え症や何となくだるい等の身体の不調。

中でも「冷え症」は多くの女性が持つ悩みで、肥満やむくみ、生理不順、不妊、免疫力の低下など、さまざまな不調を引き起こす原因となっています。

最近は、男性でも悩まされているとか。

平熱は、何℃ですか?
私は35.4℃がベストだと思って生きていました。

 

そこで今注目されているのが、「温活」です。

理想体温への回復を目指して、エアコンなどの外気に頼らず自らの小さな行動で身体を温めていく「温活」で、基礎体温を適正温度に保ち、細胞さんに頑張って貰って健康な病気知らずの身体になりましょう!

 

mimozaでのオススメは…

よもぎ蒸し、足もみ、入浴、足湯、玄米カイロ。

 

おうちでも…

お金をかけずに
自分でも出来る
昔ながらの簡単で
安心な方法を提案しています。

 

 


プロフィール

オーナーセラピスト 小山由紀

1973年5月11日、岡山県倉敷市生まれ。
O型、45歳、独身。
兄二人の三兄弟の末っ子。

 

82歳の父と78歳の母と三人暮らし。

母の病気がきっかけで、自身の体も壊し、仕事も辞め、看病と家の事と、18歳の老犬の介護をしておりました。

母の、大腸癌、人工肛門閉鎖術、肺転位、白血病。

 

四年間の看病の末、自分自身も癌になるのではとの恐怖と、私一人が何故両親を見るのか…と言う苦しさも経験し、軽い看病鬱になり、家からも出られなくなり、無気力状態に。

そんな経験を経て、このままでは家族皆死んでしまうと、気付けたから、今の仕事を始めました。

 

足もみと、よもぎ蒸しとの出会いが、苦しかった私を助けてくれました。

 

【心と体は繋がっている】

 

看病鬱で心が壊れ、自分の体でも、自分の事が分からなくなり、サロンへ行き、足もみをして貰った時に気になる症状は?と聞かれ[心]としか書けなかった…
そんな経験からも、足もみの凄さ、面白さを知ってしまう。

母の抗がん剤を出したい思いで、韓国黄土座器。
myシェルターとして、タイハーブテント。

私に、私達に必要だったから、始めた足もみとよもぎ蒸しでしたが、今、困っている、苦しんでおられる人に知って頂ければと、自宅サロンを2016年3月8日〈ミモザの日〉に起業しました。

是非、こんな方法もあるのかと知って頂ければと思います。
詳しい経緯は、ブログやSNSをご覧いただければと思います。よろしくお願いします。

 


サロン情報

おうちサロンmimoza

女性専用 完全予約制

〒710-0064 倉敷市青江908-2

営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休
駐車スペース 5台分あり

 

 

 

 

よくある質問Q&A

 

♦ クレジットカードは使えますか?

申し訳ございません。現在は現金のみの対応とさせていただいております。

 

♦ 子供を連れて伺っても良いですか?

大丈夫です。お子様以外にも、お友達などご一緒に来ていただくことが出来ます。

 

♦ 持ち物は何か必要ですか?

手ぶらでお越しいただいて構いません。

よもぎ蒸しをされた後にお化粧をお直しされる場合は、ご持参ください。

 

他にも気になることなどございましたらお気軽にお声がけください。